FC2ブログ

結婚したい という広告

よくあちこちのサイトで結婚相談所(だと思う)の広告バナーを見かけます。
私に結婚願望がないせいか、見ていて「えっ」と思うものが時々あります。

男の人向けの広告だと、一人で食事や身支度をしていて「嫁さん欲しいな」と言っていたりしますが、それを見ると
なんだか奥さんというより世話係が欲しいみたいに感じてしまいます。結婚しても共働きが多い時代ですし、エプロンしてネクタイを結んでくれる奥さんを持とうと思ったら大変なんじゃないだろうか。共働きしなくていいだけ旦那さんが働けるか、奥さんがスーパーウーマンで旦那さんを送り出した後、素早く身支度して自分も会社にダッシュするか
………と、ここまで考えてしまいます。


また、女性向けの広告の場合は
「さびしくない?」
という訴え方をしていることが多いですが、結婚してもさびしいときは寂しいんじゃないかなと思います。
旦那さんが仕事やお付き合いで帰宅できないとか、出張に行ってるとか。 そういう「目の前に旦那さんが居るか居ないか」じゃなくて、こころの支え的な意味で『さびしくはない』という意味かもしれませんが…

そして
「結婚したい!でも相手がいない」
というのが一番良く解りません。相手ができたので結婚をしたいというのではなくて、結婚をしたいので相手を探すというのは、目的が「この人なら一生一緒に苦労できるから一緒にいたい」というのではなくて…? と言ったら、周囲の人間に「夢見すぎ」と言われてしまいました。
でも、一人で苦労するのはしんどいので、一緒に人生をやっていく仲間が欲しいです!という意味なのかな?と思えば、なんとなくわかる気がします。


しかし私は結婚願望がありません。一人暮らし願望があります。
人は二次性徴あたりで自然に 『恋人がほしいなあ』となるもののようですが、私は特にそういうものはありませんでした。 恋をしたことはありますが、あれは突発的に襲い掛かってくる病気とか事故とか天災みたいなもののように思いました。すごく消耗してしまった。
それに、恋愛は短期戦のように思いますが、結婚生活は一生モノの長期戦です。たぶん、テンションがもたないと思います。通い婚制度だったら何とかなるんじゃないかなと考えたりもします。
いつも一緒にいたら息が詰まってどこかに飛び出したくなるだろうし、かといって放っておかれたら見捨てられたように感じてしまうと思うので、通い婚だったらちょうどいい距離感じゃないかと思うのですが。平安時代みたいに。


去年だったか、図書館に入った本で、アスペルガーの彼氏のいる女性に向けたお付き合いガイドブックのようなものを読んでみたら、なんというか凄い書かれ方で、あの本はアスペルガー当事者にお勧めしていいのか
『読むと落ち込むから読まないほうが良いよ』
と言ったほうが良いのか、とても複雑な気分になりました。なので、ここでは正確な書名や出版社は出さずに置きますが、
「ここまで相手の人が自分とお付き合いするうえでいろいろ苦労なさるなら、恋愛とか止めといたほうが良いな…」
と思いました。また、
「この彼女さんのほうも、そこまでして何故、そのアスペルガーの彼氏さんとお付き合いしてるの?」
というのが全然理解できませんでした。

前述のように恋愛願望がとくに無い私ですから、この様に思っても特に悲しくはありませんでしたが、ただ恋愛も一つの「人づきあい」ですから、それをするのに『特別の配慮が必要でやっかい』みたいに書かれていると、なんとなく「あ~あ…」と思ってしまいます。
ましてや恋愛や結婚生活を望んでいる方だと、ものすごく落ち込みそうだなと思います。



アスペルガーでも結婚なさっている方の出版物のほうが(きっとご苦労なさってはいると思いますが)多い気がしますけど、どうなんだろう……。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

まろや

Author:まろや
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR