FC2ブログ

すごい世の中になったね

紀伊國屋書店に発注していた西洋服飾史の洋書が、二冊とも到着しました。英語は全然ダメなのですが、とりあえず雰囲気で読めるところだけ拾い読みしています。
それにしても、すごい世の中になりました。
ほんの二十年、いえ十五年ほど前までは、洋書は、まず情報がなくて、「こういう本があるねんて」と知ったとしても本屋さんでお願いできるところは少なく、どうしても読みたいとなると個人輸入だったものです。英語がダメだともちろん買えませんでした。今ではネットで、在庫どころか取り寄せまでしてくれるのですから本当に便利で感激します。


さて、購入した本ですが、どちらも比較的平易な英語で、なんとか意味は拾えます。高校生くらいで「英語脳」がパリパリに新鮮な方なら結構スラスラ読めそうです。

こちらは、演劇など向けの型紙と仕立のようですが、復刻衣装を作るとか、ゴシックやロリータに応用するならこちらの方が解りやすいかもしれません。中世以降のほとんどをカバーできます。縫い方の説明がざっとついてますし、どことどこを合わせて~、というのも解り易いです。本文中の図版は少な目。拡大する時に、説明通りの縮尺にすると、小柄な方にはちょっと大きめの寸法になっちゃうかもしれません。
アニメ、とくにヘタリアの過去話コスなんかに使えそうなのが数点(チュニックの基本とか、宮廷服に使いまわせそうなもの等)。


もう一冊のほうは、服飾史の説明のほうに多くページを割いていて、図版も多いです。型紙のページは少し入り組んでいて、上の本に比較すると見づらいけれども、なんとかなる感じです。ただ、図版の、特に近世以前のものは手書きイラストで、これが外国らしいというか、ペンでザクっとかいたスケッチのような画風で、参考資料にし辛い気がしました。そのかわり現存している衣服の資料なんかは写真が載っています。


本文はゆっくり解読するとして、図版を眺めたり、ぶっつけ本番で縮小版を縫うなどしたいです!


縫い物熱が上がって、お財布からっぽなのに、手芸店やミシン店のHPを検索していたら、すごくびっくりしたのですが、最近は二万円台半ばでロックミシンが買えるんだ!
私は普通のミシンは持っていて、それに『縁かがり押え』というものを付けて使っていますが、本の十年くらい前までロックミシンというと『最低四万円台後半』という雰囲気で、なかなか手が出せなかったものです。初心者向けに「布を切る機能の無い、縁かがり専用」というミシンがあって、それが約二万円くらいしたのです。
それが、やや型落ちなら、ちゃんとしたミシン会社のものが2.7万円位で売られているので、もう本当にびっくりしてしまいました。

頑張ったら、私でも購入できそうです。
ジグザグミシンでも縁かがりは可能なのですが、やはりロックミシンのほうが綺麗ですし、ちょっと頑張ってお金を貯めようかなあなどと考えてしまいました<一台あれば、同じく縫い物の好きな母も使えるのですぐにモトをとっちゃうと思います(笑)

本当に、すごい世の中になりました……。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

まろや

Author:まろや
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR