FC2ブログ

なやんでも仕方がないのですが

嬉しくない遠足のまえの(登山遠足とか。あ、好きな方ごめんなさい)小学生のような気分です、こんばんは。

二十日は、地元の作業所の見学の日なんです。何分田舎町ですので、小さい規模のものが二つ有るきりですので、もう、そこのどちらかに決めてしまうしかないのですが、考えれば考えるほどブルーです。
※正確には、もう一箇所あるのですが、作業が『林業』に近く、葉っぱや土の臭いで気持ち悪くなったり、体温調整の下手な体質の私には厳しいかもしれません。


最近、体を『社会人の時間帯』に馴染ませて社会復帰を目指そうと、九時五時でパソコンに向かう等していたのですが、もう疲れてしまって夜は寝付けないし、朝も起きられないので自己嫌悪が厳しいです。
こんなことでは社会復帰とか全然無理だろう という落ち込みなのです。
そして、そうやって心身ともに弱っていると、脳味噌の中にあるように感じる『要らない情報をスルーする機能』が弱くなるのか、ご近所のオーディオの音や井戸端会議などが脳とか鼓膜にカキンカキンと響いて大変です。
ご近所に、元ヤンなのか現ヤンなのか良く解らない子がいて、朝の六時台や夜中の一時などにすごい大きな音でJポップやアニソンを掛けるのです。jポップはベースとドラムの乾燥したトットットットという音と、甲高いヴォーカルがなぜか非常に不安感をあおるし、アニソンは好きですがこれもドラマチックな仕上がりが多いためなぜか耳に侵入してきて…

さらに、我が家族のことを言うと『家族の悪口はよくない』と言われそうですが、うちの家族はとても賑やかで、特に母親は『何かをするのに、一々声に出して説明をつけながらやらないと気が済まない』という人なのです。
子供さんがよく『〇〇ちゃんねー、あれをしてねーそれでこうするとねー』と言いながら遊んでますが、あんな具合にずっと何か言ってるのです。
しかも、全部聞き流していたら、いつの間にか私に話しかけていて
『返事もせぇへん!!』
と怒り出したりするので、ずっと聞いていないといけません。もちろんイヤマフや耳栓を使用などしていたら
「私達がやかましいというあてつけだろう」とガミガミです。


こんな風な、日常の音響にすら体力や精神力を削られてしまうようで、社会復帰なんて本当にできるのでしょうか。作業所にしても、医師からは『週三日』『しんどくなったら休む』と言われていますが、それさえ勤まらなかったらどうすれば良いのでしょうか。

ここ十五年の内、何回そういう理由でお仕事がダメになってしまったことか考えると、もう不安で仕方がありません。障害者のための作業所なのだから、しんどくなったらスタッフさんに助力を願えばいいじゃないか とも思うのですが、そうすることで物凄く危険なものや何かのように扱われると、どうにも申し訳なくて逃げ出したくなってしまったことが多々あることですし…


悩んでも仕方がないし、後もないし、悩んでる場合じゃないのですが、やはり気が重いです。

ふおおおおお! お菓子のおうちとかお城ってロマンですよ浪漫。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

まろや

Author:まろや
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR