FC2ブログ

もうすぐ手帳が届くぞー!

先日、発売日に注文を終えた、使いやすい手帳
『ほぼ日手帳』
が、十月の八日あたりからぼつぼつ発送ですよー、というメールが届きました。うれしいなあ。

ほぼ日手帳は、一日あたりの書く所が広く、毎日の時間割とか健康メモ、買い物メモから落書き、読書感想文まで一冊の手帳に書いてしまえるので、多少お値段はするのですが、一度で気に入って、今回で二度目の購入になります。


アスペルガーとか、ADHDをおもちの方には、手帳・メモ帳は毎日の生活に絶対に欠かせないものだと思います。
…少なくとも私は『手帳・付箋・ボールペン』は無いと毎日が順調に回っていかないかもしれません。

しかし、最近気付いたのですが、この『何でも一度紙に書かないと覚えられない』私ですが、
「あまりがんばって書いてもダメ」らしいのです。
学生時代、まるでフルカラーの印刷物のように何色もの色ペンを使用して、すごく綺麗なノートを作っている人が時々いて、ノートを借りると思わず感嘆、尊敬してしまいましたが(なんだかそういう人ってお勉強もすごく出来たりした)自分でそういうノートをつくろうとすると、まず時間が不足してしまう。
時間をやりくりしてノートをカラフルにしてみても、なんだか勉強の能率が上がるわけでもないっぽい。逆になんだか、目がチカチカしてしまって、例えば黄緑の部分ばっかり目に入って黄色のところを忘れるとか、そういうわけのわからないことになりがちなのです。
三十路になって、最近、ドイツ語を勉強しているときにノートを作っていて気がつきました。色線を引く作業そのものに夢中になって、覚える方のメモリが足りなくなってる感じですね。

私のように脳みそがシンプルというか、単純というか、あまりいろいろな情報を一気にこなせないタイプは、ノートに色を入れるなら二色か三色、四色ボールペンくらいまでのほうが纏めやすい気がします。十色ほど色ペンがあっても、だんだん使わなくなるというか、この色はこのときに使って…とやっていると能率が落ちて仕方がない気がして、私はダメでした。


語学の勉強には赤・青・アンダーライン用に蛍光ペン一本。それも余りきつい色だと不快なので、昔は色鉛筆でしたが、最近はパステルトーンや渋い色の水性マーカーがあるのでそれと、間違えて消したら困る部分用の、細いゲルインクボールペンの『シグノビット0.18』。これはたぶん、今売られている中で一番細いと思うのですが、これくらいでないと、落ち着いて字を書かないからグチャグチャっと漢字の細かい部分が潰れてしまうためです。

手帳には、同じくシグノビットの赤と黒だけです。シールとかも昔は利用しましたが、最近は、間違ったところへ貼った時大変なので使わなくなりました。
ちなみに修正液は乾くまで待てないし、テープ式だとゲルボールペンで「掘り返し」てしまうし、乾燥して後から直すつもりで置いておくとそのまま忘れて後で『????』となるので、ペン書きを間違えたら、塗りつぶして隣に書きます。

これに、付箋が付きます。色ペンとは逆に付箋は『目立ってくれてなんぼ』なので、派手な蛍光色の物を本やノートから大きくはみ出させて使います。また、トレーシングペーパーでできた無地のものは、ノートや本の文面にべたっと貼って注釈を書き込んで、いらなくなったら剥がして捨てるのに重宝しています。(地図などに特に便利)手帳にも、カバーに挟んで付箋は入れておきます。

こんななので、私のノートや手帳はとても汚く、読み辛いです。
でも、自分がわかればいいや と開き直っています。
2011年の手帳も、こうやってよれよれになっていくことでしょうね。



またムノツィル・ブラスを貼ってみる。
前回はかっこよく決めてましたが、本来はだいたいこんな感じです、どの曲も。
演奏がすごい上に笑いも欲しがるとは貪欲なバンドですな(*´∀`*)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

まろや

Author:まろや
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR