FC2ブログ

解決しました…!

一つ前の記事につきまして、書式上の問題であって、診断名が変わったというわけではありませんでした。
安心しました…。

2010年に診断が出てから、たくさん本を読んだりネットを調べたり、お医者さんにお話を伺ったりして勉強してきたアスペルガーについて、かなり【自分とは】という像のなかに深く組み込んできてしまったので、いま「やっぱ違うみたい」と言われてしまうと、またあらたに自分像を作りなおすことになりますので動揺しました。

この数日間、非常に怖かったです。軽めに寝込んでしまったくらいの恐怖でした。
信じていたものが覆されるとか、自分の思い違い、もしかしたら幻覚や妄想だったのではないかと思われるのが、こんなに怖いと思わなかった。入院していた時にお薬が合わなくて、夜中に無意識のうちにものを食べたり歩きまわったりして覚えていなかった時と同じ怖さでした。

べつに病気を盾にするとか、病気だからなんでも許して!とかいう、『病気への甘え』ができなくなるというのでこういう風に思うわけではないのです。
それなりに覚悟を決めて「喧嘩相手」というか「自分の戦うべき、そしてうまく共存していくべき一生のライバルでありパートナーでも有り」みたいなものとしてアスペルガーを認めていこうと思っているので、急に診断とかが変わると『えええ?!』となるところでした。
この時の気持ち、体の怪我だと思えば解っていただきやすいでしょうか?例えば、捻挫だと思って冷やしていたら「え、それ骨折してるで。」と言われたような気分でした。
(症状の重さの例えではありません あくまで「思ってたのと違うのかもしれない」とびっくりしたという例えです)

でも、もしかしたら、将来そういうことが本当に起こる可能性はゼロじゃないと考えたら、近視眼的にならずいろんな知識を集めておきたいなと思わされました。



それにしても、ほんと、びっくりした……。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

まろや

Author:まろや
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR