FC2ブログ

はやく治りますように

我が家の愛犬コテツ君(九歳オス)が、今日、手術をしました。
大きめの手術だったらしく、麻酔が残ってウトウトしていますが、時々目を覚ますと痛そうに鳴いて本当に可哀相で。

病気は、こじれた脱腸のようなものだそうです。
おしりから腸が外に出てしまうのではなく、皮膚の下で行っちゃいけない場所に腸がポコンとずれてしまい、そこがコブのように膨れてしまうので、便通も見た目も悪く(獣医さんは痛くはないとおっしゃっていましたが)、なにより腸捻転をおこしやすく、あまりに大きく腫れているので恐ろしくなりましたし、腸捻転をおこすと犬は数時間もせずに死んでしまうと聞いて、手術をお願いしました。

人間だってそんな手術、大変だと思います。
体の小さい犬ならなおさらだと思いますし、なにより人間なら『これを我慢すれば病気が治るのだ』と痛くても踏ん張れますが、犬は『何が起こってるのかさっぱりだけど、なんか痛いことされて悲しいし痛いし…』 という状況なのです。

ほんとうに可哀想で…


ちなみに、うちのコテちゃんが脱腸になった理由は、老犬になってきておしりやおなかの筋肉が弱っている状態で、大声でワンワン吠えて力んだせいなのだそうです。うちのは、普段吠えないけれど宅配便さんと検針の人だけには非常に吠えていたのです。
この原因で脱腸しちゃう犬は、けっこう存在すると獣医さんがおっしゃいました。
犬と暮らしている方はあまり吠え続けさせないように気をつけてあげてくださいね。


昨日から、スカートを縫おうと準備を始めましたが、病犬に障るので、ミシン(うるさい)は当分お預けとします…

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

sidetitleプロフィールsidetitle

まろや

Author:まろや
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR