FC2ブログ

ほんのり五月病なのだろうか

どうしてお化粧品や身の回り品は、同時期にまとめてあれもこれも無くなるんだろう…と軽いお財布をながめているまろやです…。

五月は、GWあたりでお医者さんや役所、また自分の「GW疲れ」により、多く休んだので、五月前半はほとんど就労移行支援に行かれませんでした。(つまり、工賃も少ないということです、つらい。)

気分の落ち込みはあまりないものの(日によって、後から考えると低調で嫌なことばかり思い出したなということがあるくらい)、体調がやはりまだ不安定です。
体がだるくて、とにかく眠っていたいという時があり、何クソと起きることができにくい。また、お風呂に入るのがしんどいのでそのまま眠ってしまい、翌日もぎりぎりまで寝ていて、あわててシャワーを浴びて飛び出したらあれもこれも忘れて出かけてしまったとか。

感覚の過敏も、触覚と聴覚がきびしいです。就労移行支援先ではBGMがかかっていて、非常に気になりますが、耳栓をしているわけにも行かない事情があり、少し悩んでいます。また、暑くなると汗をかくので衣服が体に引っ付く感じや自分の汗のちくちくした感じでいらいらします。
これから夏場になると、自分や他人のにおいが気になったり(汗の臭いより、むしろ制汗剤の香料の匂いなど)太陽光で肌が痛くなったりもしますし、サングラスも必須になります。正直、たくさん着て肌を出さず、冷やさずにいれば良い冬場の方が楽です。


文句を言っても日本に住んでいる限り仕方がないので、頑張ろうと思います。


予定通り、婦人科治療の服薬の影響もあってか、ただの五月病なのかわかりませんが、趣味の読書も漫画も全然はかどらない感じです。読むのも書くのもだめです。
本の文面を目が滑っているだけで、脳の中まで染み込まない感じだし、描く方はどうしても人間などのバランスが露骨に崩れます(目の高さが食い違っているとか、体のパーツのバランスがおかしいなど)。
こんな時は、下書きだけして置いてある漫画をひたすら清書して過ごすしかないのですが、それにしても眠いですし、この眠気も婦人科治療で少しマシになったものの、服薬を止めたらまたぶり返すかもしれず、困ったことです。
すっかり治って、眠気やだるさも克服できていればいいのですが…

それでも、若い頃のように「春は、生きているのがいやになる」とか「身動きするのも無理」とかいうほど心身ともにしんどくはないので、進歩だなあと思うことにします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

GWってばてますね…

ゴールデンウィーク、大変でした。
家族がじっとしていられないタイプぞろい、ご近所はやんちゃ盛りのお孫さんを連れた子供さんの世代が帰省ラッシュ。
結構、耳だけでも厳しいものがありました…
イヤホンで音楽を聴いていてもそれなりに疲れますし、イヤマフと耳栓は圧迫感が辛い。そして音を遮っていて、家族の呼び声に返事ができないとキレられるという。
毎年、お年末お年始と、GWは体調を崩します。今年も弱冠情緒不安定気味でした。

GW前後にかけ、市の包括支援室とかハローワークの方に面談を持っていただき、近日県庁所在地のハローワーク併設施設にて『職業評価』というものをやっていただくことになりました。
色んな職業の適正診断の、ちょっと大掛かり気味なもののようです。
婦人科治療を受け、体調も安定してくるだろうと思われるので、すっかり元気になるまでに目標を決めておくために(資格取得なり、就職活動なり)自分の適性を知っておくといいよね、と思ったのです。

しかし、数年お世話になっていますが、職業評価というものの名前を初めて聞きました。もっと早く教えてくださったらよかったのになあと少し思います。
発達障害者支援施設の統廃合?新設? また、スタッフさんの急な変更なども多く、せめて予告してくださったらいいのにと思うこともしきりです。
さらに愚痴を言うと、障害があって働けなかった人が、ハローワークで障害者向け求人を見るのに隣の市までいかないと見られないとか、職業評価は県庁所在地でしか行っていないとか、私などはまだ公共交通機関にも乗れるようになったし、肢体には不自由がないから行けるけれど、不便ではあるなあとは思います。
助けて下さるというのに文句を言ってはいけないと思いますが… 正直なところ…。


さて、婦人科治療はおくすり2シート目。2ターン目です。
PMS(月経前緊張症 月経前・中のしんどさがひどい病気)の治療のためにピルを服用しています。
体調は、副作用で崩される方も多いそうですが、私はけっこう良くなってきました。ただ、体温が上がるのはデフォルトとのことですが、だいたい毎日37度あるので、さすがに暑苦しいし、「これ大丈夫か?」という気がしてきています。他はまったく快調。

前の日記で、ホルモンバランスが変わると、まんがなどの創作意欲が変動すると書きましたが、やはりそれは関係有りのように感じています。
三週間飲んだら一週間おやすみ というローテーションで服薬しますが、全然進まなかった漫画が、お休みの一週間と、再度飲み始めた四日目くらいまでで、下書きが五十六枚描けました。
調子が悪くても、下書きまで出来ていればあとは、お清書するだけなので、次の断薬までは貯めておいた下描きを仕上げて待つことにします。

この治療が終わってお薬を飲まなくなっても、健康になっていたら「正しいリズム」が生じるわけだから、三週間かけなくて一週間バリバリ という調子になっていくのでしょうか。
すこし困る気がしますが、それが体の声なら従うしかないなー、とも思っています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

お久しぶりです 創作女子と妊娠期…!?

ながいことオサボリしてしまいました。
この半月ほどは、婦人科治療の服薬の影響と思われますが、とにかく気分は良いのですがひたすら眠くて、なかなか物事が手につかない感じでした。
なまじ気分がよいから、いろいろできていなくても、眠気に負けても、
「まあ、いっかぁ あはは」
みたいなかんじで流してしまって…


この一週間は治療方針の「三週間ホルモン剤を飲んで、一週間休む」という、そのおやすみ一週間だったので、ちょっとホルモン剤の影響下から逃れられたのか、いろいろの用事が片付きました。
昨日からは再度服薬を始めているので、またボケッとして更新が滞るかもしれません。


ホルモン剤を服用することによって、自閉系な私の脳みそになにか影響が出るかなあという点については、あまり実感できませんでした。残念です。
強いて言えば、機嫌が良いことが多かったので、あまりいらないことを他人に言ったり、いらいらしたりということが減ったかもしれません。よくない影響としては、気のせいかもしれませんが、細かい作業が長時間続くときに飽きが来るのがちょっと早くなったかもしれない点です。これはそのとき、私が風邪ひきだったので、そのせいでしんどかったのかもしれません。


ところで、不思議な話ですが、ホルモン剤を飲んでいる間、体調も然ることながら、困った現象がほかにありました。
私はいわゆる「腐女子」で、男性同性愛をテーマにした漫画やポルノ漫画(ぶっちゃけて言えば)を読み書きするのが趣味です。
他にも、べつにえっちではない創作もやります。あくまでどちらも趣味ですが、そこはアスペルガーらしく趣味には毎日大変に没頭します。

ところが、なぜかこの一ヶ月ほど、全然ボーイスラブ系のアイデアが浮かばなかったのです。
私が描くのは漫画ですので、まず文章でアイデアを出して、スケッチのようなザッとした走り書きでコマの割り方やページ調整などをまとめて、そこから本番の下描きという順序で描きます。
しかし、まず、何もお話が思い浮かばない。仕方ないから以前書きためておいたネタ帳から「下書きの下書き」をしようと思うのですが、まるっきりペンが走らない。

もともと乏しい創作能力がもっと乏しくなり、同じ枚数の漫画を考えるのに普段の三倍も時間がかかってしまいました。

そういえば、友人知人でも、妊娠するとボーイズラブがいらなくなったという方が結構見られたのを思い出しました。
私は、それは、女性として妊娠出産を経たので、深層心理というか心境が何らかの変化を遂げたのかなと思っていたのですが、もしかしてホルモンの影響なんだろうか。
なにがどのように影響して創作物への志向や嗜好が変化するのかわかりませんが、ホルモンすごいなーと思いました。(ただ、このようなことを言うと『じゃあ腐女子って治療できるんじゃん、治療しちゃえ』なんて乱暴なことを言う人が出そうで、いやだなとも思いました。それは大きなお世話だと思います)


治療はまだ終了していないので、また服薬を開始しています。
お薬に体が慣れて、創作分野の脳みそまで影響を及ぼさなくなるといいのだけど。
とりあえず休薬期間に寝たは幾つか、また下描きまでの状態にした原稿も準備したので、アカンようなら次の旧約機関までは作画差業に専念でしょうか。


こんなことにも健康は関与するのですね。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

なんたるちや…公開ミスとは!

今、なにかおかしいと思って確認した所、11日に書いた投稿済みと思っていた記事を、何かの間違いで下書き状態のまま保存して、公開できていなかったことに気づきました。
びっくりした… ここのところ眠いからなあ、ぼーっとしてたんだろうなあ。
日常生活でも、この手のポカミスをやっていないか、要らんこと言っていないか、表情が能面になっていないか、すこし心配になりました。


ここ最近、PMS緩和のためのホルモン剤服用で、日々本当に眠いです。
例月ならば、もうそろそろPMSによる体調不良が発生する頃ですが、今のところ何も問題はありません。なにより気分の低迷が発生していません。そのため、眠気やだるさが出ても
「また私、こんなんじゃ日常生活に支障が…鬱陶しい 月経なんて最低」とかいう気分にならず
「あはは ねっむいわ~」というノリでいられます。気分がこうだと多少の無理頑張りもやってみようかと思うし、ダメでも「しゃーないわて」と思える感じで、随分楽かも。

ただ、当初「ホルモン剤服用で精神状態とか、頭の冴え方がかわるかな 良い方に転べばいいな」と考えていた件については、あまり変化が感じられないし、眠気が強くて創作や手芸工作よりも眠りたいという感じ。これは少し残念です。気分は朗らかになるのですが、個人的にちょっとだけギスギスしている時のほうが捗るような。


でも、そういう残念さを感じはするけれども、自分を責める方向には思考が流れにくい気がします。
星野仁彦医師の著書では『自閉系のひとにPMSが重めのひとが多い』とあったのですが、体調に問題がないなら(ホルモン剤は、子宮や卵巣などに腫瘍が有ったり、腎臓や肝臓が悪かったり、タバコをたくさん吸っている場合など、健康上の問題で服用できないことがあります)服用をおすすめして回りたいくらいなんですが、問題もあります

まず、前述のとおり、副作用もあります。私は「ひたすら眠い」です。
次に「お薬がけっこう高額」。私は診察含み、2.7千円くらいでした(お薬一ヶ月分 21錠。三週間飲んだら一週間おやすみするので21錠です)。この額は少しだけ痛いです。
また、お薬の種類や体質にもよると思いますが、長いこと飲むと骨密度に影響するお薬や治療法があるそうです。

このようなウィークポイントも存在するので、私も自分の体調と相談しながら、今後の続け方など考えてみようと思っています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

上機嫌ネムネム

どうやらホルモン剤の副作用か副効用かで、毎日すごく眠いです。
ウトウトと日々を送っていたらブログを5日も更新していませんでした。自分でも驚いた。

3日の夕方からプラノバールというお薬を飲み始めました。
眠いことは眠いですが、重い・だるい・気分が落ち込むという月経前の感じとは違い、ほがらかに
『うわー、眠いわー (^ワ^ アハハハ』
という気分です。ただ、朗らかすぎて、朗らかに就業移行支援を休んで眠ってしまったのは反省しています。ちゃんと出席して、あまりにも眠い時は早退させてもらうとかしようと思いました。

アスペルガーは男性脳だというけれど、女性でアスペルガーである私が女性ホルモンに関わるお薬を飲んだらどうなるだろうかというのが気になり、日記に気づいたことをメモしていますが、今のところ良くは解りません。

ただ、毎月のリズムで言うと、そろそろ月経前で気分や体調が荒れ始める時期が来ます。
そのころから、終わるまでは、通常の場合、非常に気分が落ち込みやすく愚痴っぽくなり、悲観的になりますが、絵が上手にかけたり工作がうまくできたりします。また、本をたくさん読めるようにもなります。
その反面、ぼーっとしてしまったり忘れっぽくなる・そそっかしくなる・聴覚過敏などが出やすいのもこの時期です。


これがホルモン剤服用で何か変化があるかが興味深いです。
とりあえず今のところは、気分が朗らかで眠気が強い感じが一番大きいです。
体の方は、飲んですぐからずっと、35.7度くらいが普通だった体温が一度くらい上昇し、お腹の具合や顔色が良くなりました。ヒゲの伸び方(私はかなり立派な顎・口髭が生えてしまうのです)なんかは残念ながらあまり変わりません。
体温が上がったせいで代謝が良くなったのか、ふつうホルモン剤を服用するとちょっと体重が増える方が多いようですが、一週間で1.5キロ減少しました。

月経前の心身の変化がホルモンによるところが大きいのなら、お薬によって必ず何らかの変化があるはずだと思っています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

sidetitleプロフィールsidetitle

まろや

Author:まろや
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR